日本車VS輸入車

日本車VS輸入車

キリが良い数字を迎える前に車を売却するのが良い

自動車には、キリが良い数字が2つほどあります。もしも車買取の金額の高さを目指しているのであれば、その2つの数字を意識するのはとても大切だと考えます。なぜならばその2つの数字になりますと、金額が大きく下がる事が多いからです。

 

キリの良い年式になった車は金額が大きく下がる

 

自動車の金額を大きく左右する要素は色々とあります。走行距離なども金額を大きく左右しますが、それらには優先順位があるのですね。確かに距離なども大事なのですが、もっと順位が高いものがあるのです。

 

年式ですね。

 

年式とは、車が販売されてからの年数を指します。例えば3年落ちの車なのであれば、3年前に販売された車という事になります。もちろんその数字が大きいほど、買取金額は不利になる傾向があります。

 

例えば3年落ちの車の金額が60万円だだとします。ところが5年落ちの車となると、40万円台などの具合ですね。年式の数字が大きくなれば、買取金額も低くなる傾向がある訳です。中には例外の車もあるのですが、一般的には年式に応じて金額は厳しくなると考えて良いでしょう。

 

ところで前述のようにその年式にはキリが良い数字がある訳ですが、5年と10年ですね。どちらも単純に5の倍数という意味ではキリが良いのですが、それは買取金額には大きく関わってくるのです。

そもそも中古車を売っている方々は、キリの良い数字を意識している事が大変多いのですね。4年落ちなどに比べると、何となく5年落ちの方がキリが良いように見えるでしょう。つまり5年落ちになると、人々は車を多く売る傾向がある訳です。また10年落ちなども同様です。

 

ところでそれらの年式にて車が多く売られるとどうなるかと言うと、タマ数が増えてしまうのですね。つまり国道でそれらの車を見かける台数も多くなる訳です。
車の買取金額というものは、市場に出回っている台数との相互関係があります。出回っている台数が多いと、それだけ車の買取金額も下がる傾向があるのです。理由は、もちろんレア度が低くなってしまうからです。いわゆる「飽和」状態にある車などは、買取金額はやや厳しくなると考えて良いです

 

そして前記の5年や10年などの数字が、それに該当するのですね。ですので4年落ちの車を持っているのであれば、そろそろ買い替えを検討してみるのも良いでしょう。もちろん9年落ちの車も同様です。
ちなみにキリが良い数字は、オークション代行や委託販売での車売却の金額にも影響します。キリが良い数字になる前に査定を受け、少しでも高く売るようにしたいものです
参照サイト様:アルファードの買取・下取りで高確率で高額査定を!

車の買取店には、主に2つのタイプがあります。広いエリアでチェーン展開しているようなお店と、ごく限られた地域で少ない店舗数で営業をしているお店です。最近では、前者のようなお店もだんだんと増加している傾向があります。

 

システムにて情報を共有できるのでチェーン店の金額は同じになる

 

ところで前者のようなタイプのお店に関しては、色々な噂があるのです。それぞれのお店によって、査定金額が異なってくるという噂です。
例えばあるチェーン店のAとBがあるとしましょう。ちなみにAとBがあるお店の地域は、それぞれ異なっているとします。
このようなチェーン店の場合は、AとBのお店の金額が異なっているという噂があるのです。つまりAのお店から提示される金額は83万円で、Bのお店からの金額は85万円などの具合です。全く同じ系列のお店にもかかわらず、地域が異なれば買取金額が異なってくるという噂があります。
ではその話は本当なのかと申しますと、実は正直微妙な一面があるのです。その理由は、チェーン店のネットワークです。
そもそもチェーン店には、必ず本部があるのですね。全てのお店を統括している本部があって、そこで買取金額を算出している傾向があります。その本部に対してデータが送信されますので、上記のような金額のズレが発生しない事が多いのですね。

 

具体的に申し上げると、例えばA店にて査定を受けたとします。その際には、もちろんA店に対して車検証などを提出する事になるでしょう。
ところでその後の流れなのですが、車検証のデータは必ず本部に送信されるのですね。もちろん本部のシステムには、その車検証のデータは全て記録される事になります。
そして一度データが記録されますと、今度は全てのお店に対してその情報が送信されるのです。つまり上記のB店のようなお店に対しても、それが送信されてしまうのですね。
ですので例えばA店で査定を受けたものの金額に満足できなかったので、B店に立ち寄ったとしましょう。その際にも、B店からは全く同じ査定額が伝えられる傾向があります。なぜならB店は、本部に送信されたデータを閲覧する事ができるのです。B店のスタッフは「この来店客はA店ですでに査定を受けている」というデータも、閲覧する事ができるのですね。情報共有のシステムが構築されていますので、A店でもB店でも査定金額が同じになってしまう訳です。
ですのでチェーン店の場合は、地域を書いてみてもあまり金額が変わらない事が多いです。同じ系列のお店ではなく、やはり違う系列のお店に立ち寄って査定金額を比較するのが良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/06/19 16:38:19

私の友達は、最近八田というエリアで車を高く売却したようです。友達の場合は、事前にインターネットでリサーチを重ねていたようですね。その結果、そのエリアならば車の査定額が高くなると見込んで、最終的には高く売れていたのだそうです。

 

八田のいくつかのお店で査定を受けて車を高く売った

 

友達は、まずディーラー店で査定を受けていたようです。ところがそのお店では、あまり満足できる金額にはならなかったようなのですね。ゼロ円では無いにしても、かなり厳しい金額だったので、ちょっとがっかりしてしまったのだそうです。
しかし車の買い替えのために何とか資金を捻出したいと思っていた友達は、ちょっとインターネットで色々情報を調べました。そしてある時に、インターネットの地図を用いてみたのですね。その地図で、名古屋地域にある車買取店をいくつか調べてみた訳です。名古屋地域はしばしば高額売却が成立しているので、きっとどこかのお店で車を高く買い取ってくれると思い、ちょっとネットの地図でお店の立地状況を調べました。その結果、八田というエリアに着目したのですね。

 

友達は、まずその八田駅の北側エリアに車を走らせることにしました。なぜならそのエリアにおいては、比較的多くのお店が集っているからです。中小規模の業者が比較的多く集っているエリアで、お店とお店との距離がとても近いです。そこは査定金額の比較もやりやすいと思ったので、ちょっと車を持ち込んでみた訳ですね。
友達は幾つかのお店で査定を受けた結果、結局あるお店から提示された金額は30万円台だったようです。ディーラーとは、かなり大きな違いを感じたようですね。

 

しかし友達は、その30万という金額では車を売却しませんでした。というのも友達は、ちょっと大手のお店に着目していたのです。
その駅の遥か北側に行きますと、東西の方向に高速道路が走っているのですね。そのエリアには比較的多くの大手のお店が集っているのですが、最後にそれらのお店で査定を受ける事にしたのだそうです。友達はインターネットで調べて、「大手業者はなるべく後回しにすべき」というセオリーを知っていたからです。

 

そして大手のお店で査定を受けた結果、結局40万円台で売却できたのだそうです。ディーラー店から伝えられた金額に比べれば遥かに高めなので、当然友人はその金額に満足をして、大手のお店で車を売却する事にしました。最近はそのお店から名義変更の通知も届いたので、安心できているようですね。
このように名古屋の八田地域では、高額売却が成立している事もある訳です。もしも名古屋で車を高く売りたいと思うならば、ちょっと八田エリアに着目してみると良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/06/10 20:01:10
ホーム RSS購読 サイトマップ